債務整理

こんなお悩みはありませんか?

借金の支払期限が今日中、どうすればいいの?
住宅ローンが残っているが、自宅を失いたくない。
ギャンブルで借金がかさんでしまった、なんとかならないか。

以下では、

・任意整理

・個人再生

・自己破産

・過払い金

についてご説明しています。

弁護士が債権者と直接交渉し、利息のカットや期日の繰り延べなど、ご依頼者に有利となる条件を引き出してきます。ただし、強制力を持たない「任意の合意」となりますので、約束をしっかり守ってもらうような工夫が求められるでしょう。経験豊富な弁護士へ依頼することをお勧めします。
※詳しくは、「任意整理」のページを参照ください。

裁判所に申立をし、裁判所に認めてもらったプランに沿って返済を続けていく方法です。一定期間、滞りなく支払いが行われれば、住宅ローン以外の債務が大幅に減免されます。自宅を抵当などで失いたくない場合、便利な選択肢といえるでしょう。

当事務所は、これまで多数の個人再生事案を取り扱ってきております。個人再生は、破産に比べ大幅に事件数自体が少ないため、弁護士の中でもあまり経験がないという人もいます。当事務所では、取扱も多く、安心して以来いただけるものと考えています。

※詳しくは、「個人再生」のページを参照ください。

財産のほとんどを失う代わりに、一切の債務を免除してもらう方法です。(一部例外的に免除とならない債務があります。)この手続きは、裁判所に申し立てる必要があり、理由によっては認められない場合がございます。当事務所へ事前にご相談いただければ、将来の見込みや考えられるリスクについて、ご説明いたします。
※詳しくは、「自己破産」のページを参照ください。

債務の利息金利は、法律によって上限が定められています。これを越えて返済を続けていた場合、差額分を取り戻すことが可能です。該当する「過払い金」は債務残額と相殺し、なお余りがあるのであれば、直接現金として支払われます。
※詳しくは、「過払い金」のページを参照ください。

弁護士へ依頼するメリット

債権者に対し弁護士の受任届けを送付することで、催促や取り立てがストップします。精神的な負担が減るだけでも、大きなメリットといえるのではないでしょうか。また、経験豊富な代理人として交渉の矢面に立ち、地に足の付いた解決の仕方をお示しいたします。

※詳しくは、「司法書士との違い」のページを参照ください。

まずはご相談ください

上記のような債務整理は、法律によって認められた制度です。借りたものは返すというのは社会のルールではありますが、支払いが難しいという場合は、早期に負債を整理し、お子さんやご自分の将来設計を描けるようにすべきです。これらは、そのための仕組みなのですから、ためらうことなく、当然の権利として享受していただきたいと考えております。

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら