2018.08.08更新

ギャンブルの場合と同様、FXで借金を作った場合も浪費やギャンブルであるとして免責を受けられない場合があります。

ただ、過去にFXで多額の借金を作ったという事例も担当させていただいておりますが、免責を受けられています。ケースバイケースですが、すべてがFXで作ったというような極端な事例でない限りは、免責を受けられる可能性は十分にあると考えます。

弁護士にご相談されるのがいいと思います。

投稿者: アビーム法律事務所

2018.08.08更新

個人破産の場合、破産と一口にいっても、実は2つに手続が分かれています。

・破産手続き

・免責の手続

です。

破産というのは、破産者が借金について支払不能の状態にあると裁判所が認定し、債権者への配当に向けた手続を勧めていくことをいいます。

免責というのは、破産者が負った借金についてその支払い義務を消滅させる手続をいいます。借金をチャラにしてもらえるかを判断する手続ということになります。

 

ギャンブルで借金を作っても破産は問題なく出来ます。理由が何であれば、支払不能であれば、破産手続きを開始することができるからです。

ただ、免責となるかは別問題です。

破産法には、免責不許可事由というのが定められていて、その事由に該当してしまいますと、免責を受けられないことがあります。

ギャンブルというのはその典型事例に当たります。

 

ただ、ケースバイケースですが、ギャンブルで借金を作った場合であっても免責を受けられる可能性は十分にあるといえます。

特に理由もなくギャンブルだけで数百万円の借金を作ったというのであれば、免責は難しいかもしれません。ただ、金額も100数十万円で、例えば離婚でストレスが溜まって、一時的にパチンコにハマってしまったというような場合は、免責を受けることも十分に可能だと思います。

ギャンブルに大金をつぎ込むことになった経緯や、現在の状況(ギャンブルをやめているか、反省しているか)、借金の額などを総合的に判断して、免責をするか裁判所は決めていますので、ギャンブルをやっていたというだけで破産を諦める必要は全くありません。

一度、弁護士に相談してみたほうがいいでしょう。

投稿者: アビーム法律事務所

2018.08.08更新

個人で破産手続きをとる場合ですが、

・同時廃止

・破産管財

という2種類の手続があります。

 

同時廃止となるのは、資産が殆ど無い場合で、資産が一定以上あると破産管財事件となります。

破産管財事件の場合は、破産管財人が選任されることになります。

破産管財事件となった場合、多くの裁判所で、予納金として20万円を納付するよう求められますので、これを納付しなければなりません。

同時廃止よりも費用がかかるということになります。

破産管財人の基本的な職務は、破産者の資産を現金化し、これを債権者に配当するというものです。

資産がない破産者の場合、このような配当にむけた作業をする必要がありませんので、破産管財人は選任されません。

 

ただし、破産者が債務を作った原因に非常に問題があるという場合は、破産者に資産がなくても破産管財人が選任されてしますことがあります。免責調査型の破産管財といわれるものです。破産者の借金の支払い義務を免除することが妥当であるのか調査させるために破産管財人が選任されます。

あまり多くはないですが、たまにこの免責調査型のは参観材となる場合があります。

投稿者: アビーム法律事務所

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら