2018.10.09更新

(誰が相続人になるか、相続分はくらか)

1.相続人と相続分

 

2.子や兄弟姉妹はいたが既に亡くなっていた場合の相続人

 

3.遺贈と死因贈与とはどう違うのですか?

 

(遺産分割の解決方法)

4.遺産分割の問題の解決方法

 

5.調停や審判はどこの家庭裁判所に申し立てればよいのですか?

 

6.調停が不成立になった場合はどうなるのですか?

 

7.遺産分割協議書の作成方法

 

8.法定相続人の中で行方不明の者がいますが,その場合,遺産分割協議はどうやってすればいいですか?

 

(遺産の範囲、遺産分割の対象)

9.被相続人に借金がありましたが,遺産分割協議で特定の相続人に債務を負わせることはできますか?

 

10. 被相続人の生命保険金は,相続財産に含まれるのでしょうか?

 

11.被相続人の死亡によって支給されることとなった退職金はどのように扱われますか?

 

(遺留分減殺請求)

12.すべての遺産を長男に相続させるという遺言が父の死後出てきました。このようなことが許されるのでしょうか?

 

13. 遺留分というのはどういう制度ですか?

 

14.遺留分を請求する具体的な方法はどのようなものですか?

 

(特別受益)

15. 特別受益とはどういう制度ですか?

 

16. 特別受益の計算-遺贈がある場合

 

17. 相続人の配偶者や相続人への子の贈与が特別受益になるか

 

(寄与分)

18. 寄与分というのはどういう制度ですか?

投稿者: アビーム法律事務所

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら