2018.10.09更新

被相続人:A

相続人:妻と長男、長女、次男、次女

残っていた遺産 8,000万円

長男の受けた遺贈 1,000万円

長女の婚姻支度金 400万円

次男の生前贈与 600万円

妻と次女は何ももらっていない。

 

以上で、計算してみます。

 

まず、遺産と生前贈与を足します。遺贈は足しません。

合計は、9000万円になります。

(遺贈分は残っていた遺産の中に入っているので、遺贈分も足すということはしません。)

 

そうすると、本来は、

妻 4500万円

子どもたち 各人1125万円

を受け取ることになります。

ただ、遺贈や生前贈与がありますので、以下の通りになります。

 

妻 4500万円

長男 125万円(ただし、別途遺贈として1000万円を受領)

長女 725万円(1125万円-400万円)

次男 525万円(1125万円-600万円)

次女 1125万円

 

上記の合計は、7000万円となりますが、長男が別途遺贈で1000万円を受領しますので、遺産として残っていた8000万円と金額が一致します。

このように、遺贈は、生前贈与とは少しだけ計算方法が変わってきます。

 

相続問題についてもお気軽にご相談ください。
こちらのページからご相談いただくか、
044-200-9966までご連絡ください。

 

投稿者: アビーム法律事務所

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら