2018.08.08更新

ギャンブルの場合と同様、FXで借金を作った場合も浪費やギャンブルであるとして免責を受けられない場合があります。

ただ、過去にFXで多額の借金を作ったという事例も担当させていただいておりますが、免責を受けられています。ケースバイケースですが、すべてがFXで作ったというような極端な事例でない限りは、免責を受けられる可能性は十分にあると考えます。

弁護士にご相談されるのがいいと思います。

投稿者: アビーム法律事務所

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら