2015.05.24更新

亡くなられた方に子がいたのですが,既に子の方が先に死亡していたという場合の相続人は,その子の子(孫)になります。

これを代襲相続といいますが,民法で認められています。

孫も既に亡くなっていれば,孫の子(ひ孫)が相続人となります。

次に,兄弟姉妹が相続人であった場合ですが,この場合も兄弟姉妹が既に死亡していれば,兄弟姉妹の子が相続人となります。

ただし,兄弟姉妹の子も既になくなっていたという場合,その兄弟姉妹の子の子までは相続人となりません。

投稿者: アビーム法律事務所

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら