2015.05.24更新

被相続人(亡くなった方)がかけていた生命保険金は,相続財産に含まれるのでしょうか。生命保険金は,特定の方が受取人として指定されている場合がありますので,すべての場合にそれが相続財産に含まれるとして遺産分割の対象になるとは限りません。
以下,場合に分けて検討してみましょう。

 

1.保険金の受取人として特定の人が指定されている場合
この場合,受取人が指定されていますので,その受取人に生命保険会社に対する生命保険金請求権が発生します。この請求権は,相続によって取得したものではなく,そもそも生命保険契約によって直接に取得した権利です。
そのため,この場合には,生命保険金は相続財産には含まれず,受取人がすべてを取得することができます。遺産分割協議において,受取人以外の相続人がその生命保険金をみなで分けるよう法的に要求することはできません。もちろん,受取人が了承すれば,その生命保険金相当額を遺産分割協議で法定相続人らで分けることはできます。

 

2.保険金の受取人を単に「相続人」としていた場合
この場合も最高裁判所は,相続財産に含まれないとしています。

投稿者: アビーム法律事務所

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら