弁護士費用

アビーム法律事務所 報酬基準(概要)

アビーム法律事務所の報酬基準の概要をご説明します。事案の内容によっては、以下の概要と異なる報酬計算方法を取る場合もございますので、ご了承ください。
各金額には別途消費税(8パーセント)が付加されます。
相談料を除き、ご依頼いただく際の費用につきましては、分割での支払いも可能です。お気軽にご相談ください。

面談による相談料

多重債務相談 無料(何度でも)
遺言・相続相談 無料(初回30分のみ。30分経過後は30分あたり5,000円)
交通事故相談 無料(初回30分のみ。30分経過後は30分あたり5,000円)
離婚相談 無料(初回30分のみ。30分経過後は30分あたり5,000円)
その他相談 30分あたり5,000円

任意整理の弁護士費用

債権者1社につき着手金2万円・成功報酬金2万円 債権者1社につき着手金2万円と成功報酬金2万円+減額分の10パーセント
過払金を回収した場合は、以下の過払い金回収の弁護士費用がかかります。

破産の弁護士費用

個人・法人手続種類弁護士報酬実費備考
個人 同時廃止 25万円 約2万円  実費として裁判所へ支払う手数料などがかかります
個人 個人管財 30万円 約23万円 同時廃止に比べ破産管財人の費用などがかかります
法人 法人管財 50万円から 負債総額により異なります 会社の規模など事件の難易により弁護士報酬が増減します。負債総額1億円以上で100万円、2億円以上で200万円を目安としています

※当事務所では、破産手続きに関し成功報酬は頂いておりません。

民事再生の弁護士費用

個人・法人手続種類弁護士報酬実費備考
個人 住宅ローン特別条項なし 30万円 約4万円 裁判所へ支払う手数料などの実費が手続費用としてかかります。また、再生委員が裁判所より選任される場合には、別途費用が必要となります
個人 住宅ローン特別条項あり 40万円 約4万円 裁判所へ支払う手数料などの実費が手続費用としてかかります。また、再生委員が裁判所より選任される場合には、別途費用が必要となります
法人   100万円から 負債総額により異なります  

※当事務所では、個人の民事再生(個人再生)について成功報酬は頂いておりません。

過払い金回収の弁護士費用

1社2万円(税抜) 回収した額の20パーセント(税抜) 訴訟を提起した場合も20パーセントです

※破産、民事再生、任意整理手続きに際し、過払い金を回収した場合には、回収した額の20パーセントが弁護士報酬となります。

離婚・離縁の弁護士費用

交渉の場合

着手金 20万円
成功報酬金 20万円および経済的利益の10パーセント相当額
なお、養育費、婚姻費用など毎月の支払いが伴うものについては、2年分の10パーセントとなります。

調停の場合

着手金 30万円
成功報酬金 30万円および経済的利益の12パーセント相当額
なお、養育費、婚姻費用など毎月の支払いが伴うものについては、2年分の12パーセントとなります。

訴訟の場合

着手金 40万円
成功報酬金 40万円および経済的利益の15パーセント相当額
なお、養育費、婚姻費用など毎月の支払いが伴うものについては、2年分の15パーセントとなります。

※調停から訴訟へ移行した場合については、訴訟の着手金額から既に調停時にいただいた着手金額を差し引いた金額のみ追加でいただきます。

子どもの連れ去りへの対応

 着手金成功報酬
調停申立 20万円 20万円
審判申立 20万円 20万円
審判前の保全処分 20万円 20万円

※調停から審判に移行した場合、追加の費用は不要です。 ※通常審判前の保全処分は、審判の申立と同時に行います。その際は、両者の合計額の着手金が必要です。分割払いも可能となっております。

外国人との離婚の場合

上記各金額に10万円を加算した金額となります。
外国人との離婚の場合、通常と異なる準備等が必要となる場合があり、追加にて費用を頂戴しております。

交通事故の弁護士費用

自賠責保険金請求のみの場合

着手金 5万円
報酬金 取得保険金額の5パーセント

自賠責保険金請求のみではない場合(任意保険金の請求など)

手続種類相手方の任意保険加入の有無着手金成功報酬
示談交渉 加入 10万円 取得金額の10パーセント
訴訟 加入 20万円 取得金額の15パーセント
示談・訴訟 未加入 その他訴訟と同様 その他訴訟と同様

※なお、保険会社の弁護士特約を利用した契約となる場合、上記の基準ではなく、保険会社との協議の上、決定した費用となります。

その他訴訟の弁護士費用

経済的利益の額着手金成功報酬
300万円以下 8パーセント(最低10万円) 16パーセント
300万円超3,000万円以下 5パーセント+9万円 10パーセント+18万円
3,000万円超3億円以下 3パーセント+69万円 6パーセント+138万円
3億円超 2パーセント+369万円 4パーセント+738万円

その他示談交渉・調停事件の弁護士費用

着手金、報酬金ともにその他訴訟の弁護士費用の3分の2となります。示談交渉から調停事件を受任した場合や示談交渉または調停から訴訟その他の事件を受任するときの着手金は、その他訴訟の弁護士費用の2分の1となります。ただし、この場合の最低額は5万円となります。

遺言作成の弁護士費用

作成手数料 10万円から
財産の内容、多寡、事案難易度等により増額します。
遺言保管料 年額5,000円

相続放棄の弁護士費用

 着手金
被相続人が亡くなってから3カ月以内の申立ての場合 10万円
被相続人が亡くなってから3カ月以上たってからの申立ての場合 15万円

※成功報酬はありません。

刑事事件の弁護士費用

起訴前弁護(裁判になる前の弁護)

 着手金成功報酬
簡易な事件 30万円 30万円
簡易でない事件 40万円から 40万円から

※報酬金は、不起訴又は略式命令(罰金)にて終了した場合に発生します。

起訴後弁護(裁判になった後の弁護)

 着手金成功報酬
簡易な事件 30万円 30万円
簡易でない事件 40万円から 40万円から

※簡易な事件とは、事案が複雑ではなく、事実関係をすべて認めており、情状のみが争点となる事件をいいます。
※簡易でない事件とは、簡易な事件以外のすべての事件のことを指します。事実関係をすべて認めている場合でも、関係者が多数存在し、あるいは特殊な法律問題が含まれている事案の場合、簡易でない事件となる場合もあります。
※執行猶予判決を得た場合、成功報酬は原則として着手金と同額となります。ただし、多数回の裁判が開かれた場合は、別途協議となります。

保釈の請求

 着手金成功報酬
保釈の請求 10万円 10万円

正式なご依頼前の警察署での面談

 日当
川崎市内の警察署 1回 3万円
川崎市外の警察署 1回 5万円

法律顧問料

事業者 月額5万円から
非事業者(個人) 月額5,000円から
受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら