離婚問題

離婚問題についてこんなお悩みはありませんか?

  • どのような理由があれば離婚ができるのか
  • 養育費や慰謝料の相場が知りたい
  • 夫婦間の財産をどう分ければいいか教えてほしい

弁護士へ依頼するメリット

離婚にまつわるトラブルは、必ずしもお金の問題に限らず、その後の人生に深く関わってくるようです。そのため、可能な限り利益の最大化を図るものの、金銭を交渉条件に用いるケースもございます。豊富な経験を誇る当事務所では、何がその人にとってのメリットかを考慮し、未来を感じる解決方法をご提示することが可能です。

外国人との離婚問題はこちらをご覧ください

離婚とお金

離婚時にお金の点で争点となるのは、主に以下の4点です。

婚姻費用

別居している間、自分や子どもの必要な生活費を相手側に負担させることができます(同居していても、生活費をもらえていないなら、請求ができます。)。

財産分与

婚姻生活を通じて形成した財産は、夫婦で等分するのが原則です。ただし、結婚以前から所有していた個人の財産などは含みません。

養育費

未成年のお子さんがいる場合、扶養する側は相手方に対し、将来に必要な生活費などを請求することが可能です

慰謝料

婚姻の破綻が精神的な苦痛によるものであれば、その埋め合わせを金銭で解決します。

このうち、もっとも判断が難しいのは「財産分与」といえるでしょう。預貯金だけであれば単純な割り算で住みますが、実際には住宅ローンや保険、家財の所有権など、複雑な事情が絡みます。細かな事例はブログに記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

離婚と子ども

親権は、父親が主張する場合、なかなか認められない傾向にあります。経済的な優位性はあまり酌量されず、養育費に反映されることが多いといえます。ただし、相手側に不利な点があれば、主張をしていくべきでしょう。仮に親権の獲得そのものが難しいとしても、代わりに得られる利益があるはずです。

DV・モラハラについて

暴力によって身に危険を感じた場合は、速やかにご連絡ください。弁護士には守秘義務がございますので、周囲に知られることはありません。相手方の態度によっては、すぐに連絡を取らず、シェルターなどの逃げ道を確保してから交渉に臨みます。

 

口頭での暴力、いわゆる「モラハラ」は、夫婦げんかとの線引きが難しく、事態を慎重に見極める必要があるでしょう。ご自分の判断が正しいかどうか、ぜひ専門家の意見を参考にしてみてください。その際には、弁護士と接触していることを相手方に伏せておくようにしましょう。証拠を隠滅される恐れがあるためです。

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら