司法書士との違い

弁護士と司法書士の違いについて

弁護士と司法書士はともに、債務整理(任意整理、破産、個人再生、過払金返還)を取り扱っています。しかし、両者には、以下のような違いがあります。

 

1.地方裁判所で代理人となれるかどうか
2.破産や個人再生手続きで代理人となって裁判所で活動できるか
3.個人再生手続きの際、個人再生委員が選任されるかどうか
以下で、少し詳しくご説明します。

代理人を務められる裁判所の範囲

司法書士の場合、簡易裁判所でしか依頼者の方の代理人となって訴訟を行えません。
例えば過払金請求をする場合、過払金の元本が140万円以下なら簡易裁判所、140万円を超える場合は地方裁判所に訴訟を提起します。司法書士は、簡易裁判所でしか代理人になれないので、元本が140万円以下の訴訟しか代理人として提起できないことになります。弁護士には、このような制限はありません。

 

つまり、高額な案件の代理人は、弁護士に限られるということです。司法書士に依頼した場合、本人が出頭し、直接対応することを求められるでしょう。満額、もしくは相当な額を確実に回収したいのであれば、弁護士に一任することをお勧めいたします。

代理人として行える手続きの範囲

司法書士は、破産手続きや個人再生手続きを進める際、依頼者の方の代理人となることはできません。弁護士であれば、代理人となって、裁判所の手続に依頼者と同席することが可能ですし、裁判所からの問い合わせに直接回答することもできます。

個人再生の手続き費用

ケースによっては、弁護士の方が司法書士より、費用を安く抑えられることもあります。例えば個人再生手続きの場合、司法書士が申し立てると、裁判所により「個人再生委員」が選任されることがあります。この費用が、別途必要とされるのです。

弁護士であれば、専門性の高さが認められているため、個人再生委員は原則として選任されません。ただし、東京地方裁判所のように、必ず個人再生委員が専任される裁判所も存在します。この場合でも、費用が変わらないというだけで、弁護士に依頼することのデメリットはございません。

まずはご相談ください

各書士は、どちらかというと「専門職」という傾向が否めません。一方の「弁護士」は総合職です。ゼネラリストなら、幅広い視点から、さまざまな他士業をコーディネートすることも可能。事案の性質を問いませんし、最初の窓口としてご活用くださいますよう、お願い申し上げます。

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら