2018.06.22更新

離婚について争いになっている場合、不受理届というものを市町村役場に提出することがあります。

これは、夫婦の一方が知らないうちに、離婚届を提出されてしまうことを防止するための制度です。

知らないうちに離婚届が提出された場合、本来は、その離婚は無効になりますが、無効として争うことも大変なことですので、そのような事態が生じないように、仮にも勝手に離婚届が提出される可能性があるのであれば、不受理届を市町村役場に提出しておくべきです。

不受理届は、原則として本人が提出しないといけないとされています。

不受理届の有効期間はありません。ただ、取り下げることはできます。取り下げるときも本人が役所で手続を取る必要があります。通常は、運転免許証等で本人確認がなされています。

投稿者: アビーム法律事務所

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら