2016.01.14更新

1 事案の概要

 

50代男性

負債総額 1000万円

債権者数 9名

手取月収 25万円

借入原因 浪費、生活費

 

2 問題点

 

借入の理由に問題があり、浪費と思われる事例でした。

そのため、そもそも免責を受けられるかという問題点がありました。

次に、退職金が申し立て時点で1600万円程度あり、その処理が問題でした。

 

3 結果

 

退職金などの資産があったため、破産管財事件となりました。

退職金については、退職金額の1/8である200万円程度を積み立てていくことになりました。

毎月の給与と年2回の賞与の一部を破産管財人に送金するかたちで積立てを行いました。

100万円強を積み立てた時点で、破産管財人より、積立てを終了して配当手続に回すというお話があり(残りの退職金は自由財産とする)、裁判所もこれを容認しました。

免責に関しては、真面目に積立てもしていることなどから、破産管財人から免責相当の意見が出て、裁判所も裁量免責としてくれました。

 

結果、多額の退職金はあったものの、100万円強を積み立てることで破産・免責が認められました。

投稿者: アビーム法律事務所

2016.01.06更新

1 事案の概要

 

30代男性

負債総額 1000万円

債権者数 8社

手取月収 40万円

資産   200万円程度の保険解約返戻金及び150万円程度の自動車所有

 

2 問題点

 

自動車を所有していたが、自動車ローンがあった。

自動車を手放さずに再生を図りたかった。

 

3 結果

 

清算価値が350万円程度あったため、最終的な返済総額は350万円となりましたが、1000万円から350万円に負債を大幅に圧縮できました。

350万円を5年間で弁済することになりました。

自動車については、車検証上の所有名義が自動車ローン会社ではなく、自動車ディーラーでした。

この場合、自動車の現在価値が清算価値(最低限弁済しなければならない金額)に計上されはするものの、自動車を手放さずに再生手続きで負債を圧縮できます。

投稿者: アビーム法律事務所

2016.01.05更新

1 事例の概要

 

30代男性
負債総額 450万円
債権者数 8名
手取月収 25万円
資産   ほとんど無い
借入原因 FX取引等

 

2 内容

 

負債の額や収入からすると、問題なく破産できる事例です。
ただ、借入の原因がFX取引でした。
そのため、免責(負債の支払い義務が免除されること)を受けられるか、同時廃止ではなく破産管財事件とするのかが問題になりました。

裁判官からは、破産管財事件にする可能性があることを伝えられていました。
しかし、FX取引を行うに至った経緯、取引の内容、現在の生活状況等を詳細に説明し、破産管財事件とはならず、同時廃止として手続きが進められることとになりました。

免責に関しても、現在の生活状況等に鑑み、これが認められました。

 

ギャンブルや投機的取引で負債が増大した場合であっても、免責を受けられることはあります。

投稿者: アビーム法律事務所

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

受付時間9:00~18:00 044-200-9966
24時間受付 お問い合わせはこちら
foot_info_btn01_sp.png
24時間受付 お問い合わせはこちら